こばとの日記帳

読書・アニメ・おでかけ・もろもろの雑記です

『リトルウィッチアカデミア』を見終えて

2017年1月から2クール全25話で放送を終えた

リトルウィッチアカデミア

 

 

f:id:hkobato:20170803114203j:plain

 

 

あらすじ

 

あこがれのシャリオのような魔女になりたいと

ルーナノヴァに入学したカガリアツコだったが

ホウキにさえ乗る事の出来ないおちこぼれ

地下迷宮探索の授業中

偶然シャリオが使っていた杖シャイニーロットをみつけたアッコは

心にひらめいた言葉をとなえ杖の力を解放する

その後も杖とともにピンチを乗り切るアッコ

親友のロッテとスーシィ優等生のダイアナと

アッコを導いてくれるアーシュラ先生の指導のもと

アッコは伝説の言の葉をよみがえらせていくことになる

 

 

リトルウィッチアカデミアは2013年アニメミライ企画として登場

アニメミライというのは若手アニメーター育成プロジェクトの事です

 

アニメミライ』のテーマが"新人育成"を目的としたプロジェクトであることから、物語のあらすじもそれに則ったものになっている。監督の吉成は本作の着想について、「新人アニメーターの話を別のものに置き換えできないか」というアイデアを元に、「新人アニメーターが、深夜枠の魔女っ子アニメに憧れて来ました、みたいなノリ」をテーマに書いたと述べている     (ウィキペデイア)

 

 

 なんとこの魔女っ娘物語は新人アニメーターの物語でもありました

どうりで第二話で借金の話が出てきたわけです

いつも資金繰りが苦しいアニメ業界そのものだったんですよね

 

物語は後半からシャイニィロッドに秘められた7つの言の葉(ことのは)を集めるという展開になります

言の葉を7つ集めると世界改変魔法「グラントリスケル」を手に入れる事が出来るのです

当然こんな大きな力をもった魔法を奪いにくる敵も登場します

そしてお約束通り解決しちゃいますね

 

この物語をみて思ったのは

 夢をみる素晴らしさと煌めき

何かに一途になりすぎて周りが見えなくなる危うさ

そして仲間と自分を信じるこころが描かれているところ

 

アッコは何事にも一途ですが一途すぎて人の忠告より

自分の気持ちが優先してしまいます

当然のことながら失敗をおかしますが

そんな時必ず誰かが助けてくれる

友達に助けられたり助けたりしながら成長・・・

しているのかしていないのか

持ち前の明るさで仲間を増やしていくのです

 

そして何より新人アニメーター物語としても

それぞれ見ている人達の物語としても心に響いた

7つの言の葉

  1. ノットオーフェ・オーデン・フレトール(めざせ未来の場所へ)
  2. フェドアリーアフェルゴ(夢見たものが手に入るんじゃない、一歩ずつ積み重ねたものが手に入るんだ)
  3. アライアリーロ(開け心よ!笑おう一緒に)
  4. マエナブディシブード(成し遂げるには忍耐が大事)
  5. シビラディーラ・デラレビューラ(伝統と新たな力が交わる時、まだ見ぬ世界の扉が開く)
  6. リュオーン(ありがとう)
  7. ファサンシエール・シェアリーラ(世界よ変われ、みんなと繋がることで夢は育つ)

 

 物語とこの7つの言の葉がとてもうまくリンクしていて

何かを成し遂げる大変さや大切さピュアな心って強いなと感じました

 

 

個人的には出演されていたベテラン声優さんの多さに驚きでした

アーシュラ先生には日高のり子さん

クロエ先生は竹内順子さん(竹内さんはベテランかな・・)

ナインオールドウィッチで1人存命している

ウッドワードに堀江美都子さん

シャイニーシャリオのマネージャー役が安原義人さん

首相に玄田哲章さん

・・・これだけベテランさん揃うアニメはいまどき珍しいです

 

ありがとうトリガー(アニメ制作会社)

 

過去のトリガー作品にしては

とても分かりやすく心に届きやすい物語でした

物語のラストもよかったよ

存分に楽しんだ25話でした