こばとの日記帳

読書・アニメ・おでかけ・もろもろの雑記です

アニメ

『正解するカド』はゆっくり進んだ『幼年期の終わり』だった

2017年4月~6月に放送されたアニメ『正解するカド』と 1953年に発表されたイギリスのSF作家アーサー・C・クラーク著 『幼年期の終わり』がほぼほぼ似ていたというお話しです 幼年期の終り (ハヤカワ文庫 SF (341)) 作者: アーサー・C・クラーク,福島正実 …

アッシュ系

気分転換に美容院でヘアカラーでも してみようかと考えた日 調べてみると出てくるわ『ピンクアッシュ』 『アッシュグレー』『アッシュベージュ』 アッシュとは灰という意味 画像を見てみると確かに少しグレーがかった色味になっています そこで美容院で尋ね…

地獄少女 宵伽 #3

あまりにひどかった三話 BPOからクレーム来るんじゃないかと思う程の内容 物語の主役は性格に問題のある両親と祖母をもつ末っ子の兄妹 兄の亜希良はある日母がわら人形のヒモを解くところを見てしまう 翌日から祖母が行方不明になったことで 地獄少女が実…

地獄少女とパラノイア

いっぺん死んでみる? いっぺん死んでみれるのなら 死んでみてもいいと思う「死」についてわかれば宗教というものも変容していくに違いない現世利益に転ぶのか来世利益に転ぶのかそれはみてからのお楽しみなのだろうがきっと人間は何かに縋る生き物なのだろ…